About Hungary

ヨーロッパのほぼ中央部に位置するハンガリーは、オーストリア、スロバキア、ルーマニア、クロアチアなどの国々と国境を接している。ハンガリーの緯度は北海道と同じくらい。内陸部に位置しているため、典型的な大陸性気候で日本と同じように四季がある。

​基礎情報

国名:

首都:

国旗:

面積:

人口:

言語:

日本との時差:

通貨:

平均気温:

主な産業:

入国:

電源:

飲料水:

気候:

ハンガリー共和国 (Republic of Hungary)2004年5月からEUに加盟

ブタペスト (Budapest)

赤・白・緑の3色旗

93,000㎢(日本の約4分の1弱)

977万(ハンガリー中央統計局・2018年1月時点)

ハンガリー語(フィン・ウゴル語派)外国語ではドイツ語、英語が比較的に通じる。

-8時間(3月末まら10月まで-7時間)

フォリント(Forint/HUF)

夏場 26℃前後・冬場 氷点下4℃前後

工業、農畜産業

90日以内の観光や商用目的の滞在にビザは不要

220V、C型プラグ

水道水は飲料可能

大陸性気候

知られざる親日国 ハンガリー
ヨーロッパの中でも日本人に一番近い存在 

ハンガリーに住む人々は自らを「マジャール人」と呼び、アジアのルーツを持っている、ヨーロッパでは大変珍しい民族です。騎馬民族であったハンガリー人の祖先は魚労狩猟生活をおくり、良質な牧草地を求めアジアからヨーロッパへ何百年をかけて移動し、9世紀末にカルパチア山脈を越えて現在のハンガリーの地に定住した。

ハンガリー人の祖先はアジア人 

アジア人の多くに見られるお尻や腰、背中にある青いあざ「蒙古斑」(もうこはん)はアジア系、アフリカ系民族の特徴とされるが、ハンガリーでは今でも隔世遺伝で蒙古斑を持った赤ん坊が生まれてくることもある。

ハンガリーの姓名は、日本と同じように、姓が名の先に来る。名字と名前の順番が日本と同じなのはヨーロッパではハンガリーだけ。

住所の表記法も日本と同じように、市・町・通り・番地と、大きい行政単位から順に書く。

ハンガリーは天才国家で努力家と勉強好きの人が多い

ハンガリーは、従来理系・科学分野の優秀な人材を輩出する国である。これまでに、自然科学分野を中心に13人のハンガリー人及びハンガリー出身者がノーベル賞を受賞している(化学で4人、物理3人、医学で3人など)。これは人口比では世界一の数字となる。

 

ノーベル賞受賞者以外にも、数学者のJ・フォン・ノイマンやP・エルデシュのような正真正銘の天才を現代世界の様々な分野に送り出してきている。私たちの身の回りを見渡しても、ボールペンやルービックキューブ、ワープロソフトのワード(Word)、安全で音の出ないマッチ、炭酸水、カラーテレビなど、ハンガリー人による発明品がいくつも目にとまる。

 

ハンガリーはスポーツも得意な国。オリンピックメダル獲得数は501個。オリンピックを開催したことがない国の中ではもっとも多い。

 

高学歴者には専門学校・大学・大学院などの教育機関に通い、知識が資格を得るため努力するものが男女を問わず少なくない。一般的に大学卒業者は英語、ドイツ語、イタリア語、フランス語の中から1~2か国語を話すことが出来る。

鹿児島との共通点が多い
1.温泉

ハンガリーでは古代ローマから温泉文化が根付いており、大規模な公衆浴場からホテルのスパまで日常的に親しまれている世界に冠たる温泉王国。マグマが熱源という火山性温泉が主流の日本とは異なり、ハンガリーでの地表が薄いため比較的に近いところに熱源がある。世界で唯一「温泉都市」の称号を持つ首都ブダペストだけで50近くの温泉浴場も楽しむことができ、温泉を目的に観光客が多く訪れる。

2.豚

美食の国ハンガリーには鹿児島の黒豚のように珍しい豚がある。その名も「マンガリッツァ豚」。2004年にハンガリー政府が「食べられる国宝」と正式に認定した。霜降り率が高く、旨みが強い上、消化もしやすく、ビタミンやミネラルの含有量が多いことでも知られている。また、健康に良いとされる飽和脂肪酸を多く含んでいる。

3.風景

ハンガリーにある中欧で最大のバラトン湖は、ドイツやオーストリアなど諸外国からのレジャー客も訪れる保養地となっている。「ハンガリーの海」と呼ばれるバラトン湖の岸に立って見渡すと水平線とその向こうにあるバダチョニ丘の風景が桜島と錦江湾に似ている。

4.蒸留酒

焼酎天国と言われる鹿児島では、数多くの焼酎が製造されている。ハンガリーにも「パーリンカ」という地元にある材料を使ったプラムやチェリーなどを漬け込んで造る焼酎のような蒸留酒がある。

桜島(鹿児島県)

バダチョニ丘(ハンガリー)

© 2019  Honno Kote Project